農業界との取りくみ – 超テロメア企画株式会社

全ての生産者を次のステージへ進化させる「脱穀機」に、私共はなりたい。

後継者問題、TPPなど業界再編を余儀なくされる農業において、私共は超企画による支援を行っております。
良いもの、美味しいものを作るのは当たり前。そんな業界に私共がどう取り組んだかをご覧ください。

  • HOME
  • 農業界との取りくみ

メッセージ

日本農業界が抱える課題に対し、漠然とですが日本人として問題意識を持っていました。
そんな折、2013年に千葉県で展開する農業法人「ベジフルファーム」と出会い、私長山は役員参画して日本農業に革命的な何かを起こすミッションを賜りました。
良いモノがあり、良い商流も確立されているファームが次のステージに向かう事は、現代日本農業が向かうべき道筋を示す旗頭になりたいと考えるようになりました。

農業は改革しなければならない。私共は貿易自由化に賛同しております。
世界中が自国産業の競争力強化にしのぎを削っている時代において既得権益層が掲げる「守るべき日本の農業」とは何か。

私が考える「守るべき日本の農業」は、生産品目に対する想い、やりがいであり、それは最も日本的な概念であると考えます。

日本の農業技術は世界でもトップレベルである事の誇りを持ち、むしろ関税が無くなるのなら海外に輸出すればいい。
その時に日本の農業は劣勢となりうるのか。私はそうは思いません。

そして私は上述の日本的な概念のもとに、合理化による企業化された生産法人を目指しません。

限りなく供給者論理を排除し、ユーザーファーストを貫く若き生産法人として、額に汗し、泥だらけになる農家の進化形として、
一次産業の新しいカタチを提唱し、実行する生産革命法人であり国際競争力を持ち、自由競争原理に基づく農業を行えるための超企画を実行してきました。

事例紹介 - 農業法人ベジフルファーム

チョウザメ養殖業

2014年、チョウザメ養殖事業に参入致しました。

背景には国内では、さほど普及していないアクアポニクス(淡水魚養殖と水耕栽培の一体型)システムを目的とし、農産物生産および淡水魚養殖を同時に行う。

これらは私が保有するチョウザメ生体に関する膨大な情報をもとに、フォアグラ、トリュフと並ぶ世界三大珍味の一つ、チョウザメの完全養殖と卵「キャビア」の量産および魚身の販売を目的とした養殖業と、既存事業である農業生産を同時に行います。

元ヤンキーインターン採用企画

2014年、人材不足を解消するため、元ヤンキー限定のインターン採用企画を実施しました。

農業経営における「人材確保」を目的としたインターン採用活動として「元ヤンキー限定インターン採用」。

慢性的な人材不足が経営課題の一つとされる農業経営において「元ヤンキー限定インターン採用」は、農業従事者と元ヤンキーとの相関性、マッチング性を提唱し、農業人材募集におけるセグメントを行い、いずれは狭量セグメントによる教育更生サービス化を提供致します。

[詳細URL]
http://www.vegefru-farm.jp/yankeeintern.html

出荷ダンボールを広告枠として販売企画

2014年、新たな収益源の模索として広告事業を展開しました。

背景には農家の新たな可能性を模索し探求する事で、日本農業の可能性を提示する事を目的としております。

既に私が創業した企業にてテストマーケティングを行い、一定の成果が出たと判断し実用化しました。同社では更なる農業の可能性を模索して参ります。

[詳細URL]
http://www.vegefru-farm.jp/service.html#ad

農業法人に不要な社歌を制作

2016年、新たな収益源の模索として楽曲販売事業を展開しました。

タイトルは「小松菜伐採」。私が作詞作曲を行い、演奏は同氏所属のインディーズバンド「オリンポス16闘神」によるもの。
私共が掲げる農業革命の一つは、生産者が価格決定権を持つ事。それには生産者のブランディングが不可欠であり、その一環として「小松菜伐採」を世に販売配信致します。

農業に対する想いや弊社のマインドを封入した至極の一曲となり、この曲と共に弊社ブランドと日本農業普及させるべく啓蒙して参ります。

「メタル小松菜」のストーリーで売る企画

2016年、同社のメタル社歌を育成中の小松菜に浴びせて、鉄分増加を期待する販売戦略を実施。

「小松菜にメタルを聞かせたら、もしかしたら鉄分が増えたりしないだろうか?」そんな超企画から始まり、
小松菜に浴びせる用のメタル楽曲を作ったのが社歌「小松菜伐採」であり「メタル小松菜」というブランドでした。

この社歌は社員に聞かせるだけでなく、聴育の楽曲ですが残念ながら味の変化は聴育の成果は「まるでなし」です。
しかしこの狂気ともいえる方針や、取り組み自体に関心を持つファンもできました。

[詳細URL]
https://vegefrufarm.thebase.in/blog/2017/04/30/214602